メンバー

メンバープロフィール

松田 祐司

松田 祐司 (Yuji Matsuda)

京都大学(大学院理学研究科)教授

専門分野
低温物理学
領域での
研究テーマ
人工超格子におけるエキゾチック超伝導
領域での役割
A01班分担者

E-mail : matsuda[at]scphys.kyoto-u.ac.jp

これまでの研究

エキゾチック超伝導、重い電子系、高温超伝導、量子スピン系。

本領域での研究

 我々のグループは、強相関電子系や量子スピン系における新奇な(できればトポロジカルな)素励起現象を探索しています。現在興味を持って研究室で取り組んでいるテーマは、強相関電子系の界面、エキゾチック超伝導状態、新奇電子状態、量子スピン系です。具体的には

(1)重い電子系超伝導体の人工超格子の電子状態
(2)重い電子系一層膜における超伝導とSTM による電子状態の観測
(3)2 次元近藤格子の近藤ホールの直接観測
(4)鉄系超伝導体の超伝導ギャップ構造BCS-BEC クロスオーバー、
 
新奇超伝導相、ディラック電子
(5)ウラン化合物の隠れた秩序と超伝導
(6)カイラル超伝導体の素励起、カイラルエッジ電流、熱電効果
(7)銅酸化物高温超伝導体の擬ギャップ
(8)スピン液体の新奇素励起

等です。最近やっと走査トンネル顕微鏡が立ち上がりました。

図:分子線エピタキシー法で作成した重い電子系超伝導体CeCoIn5のSTMトポ像。明るく光っているのはIn原子。特に強く光っているInの中心にはCeをLaで置換した近藤ホールが存在。

略歴

1987年
東京大学大学院理学研究科 博士課程修了(理学博士)
1987年-1992年
東京大学教養学部基礎科学科 助手
1992年-1993年
プリンストン大学博士 研究員
1993年-1997年
北海道大学 助教授
1997年-2003年
東京大学物性研究所 助教授
2003年
ESPCI, エコールポリテクニーク 客員教授
2004年
京都大学大学院理学研究科物理学・宇宙物理学専攻教授、現在に至る

主な受賞

2014年
仁科記念賞

代表論文

"Field-Induced Superconducting Phase of FeSe in the BCS-BEC Crossover"
S. Kasahara, T. Watashige, T. Hanaguri, Y. Kohsaka, T. Yamashita, Y. Shimoyama, Y. Mizukami, R. Endo, H. Ikeda, K. Aoyama, T. Terashima, S. Uji, T. Wolf, H. v. Löhneysen, T. Shibauchi, and Y. Matsuda,
Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America 111, 16309-16313 (Jul. 2014).
DOI: 10.1073/pnas.1413477111

"A Quantum Critical Point Lying Beneath the Superconducting Dome in Iron Pnictides"
T. Shibauchi, A. Carrington, and Y. Matsuda,
Annual Review of Condensed Matter Physics 5, 113-1-25 (Mar. 2014).
DOI: 10.1146/annurev-conmatphys-031113-133921

"A sharp peak of the zero-temperature penetration depth at optimal composition in the iron-based superconductor BaFe2(As1-xPx)2"
K. Hashimoto, K. Cho, T. Shibauchi, S. Kasahara, Y. Mizukami, R. Katsumata, Y. Tsuruhara, T. Terashima, H. Ikeda, M. A. Tanatar, H. Kitano, N. Salovich, R. W. Giannetta, P. Walmsley, A. Carrington, R. Prozorov, and Y. Matsuda,
Science 336, 1554-1557 (Jun. 2012).
DOI: 10.1126/science.1218370

"Electronic nematicity above the structural and superconducting transition in BaFe2(As1-xPx)2"
S. Kasahara, H. J. Shi, K. Hashimoto, S. Tonegawa, Y. Mizukami, T. Shibauchi, K. Sugimoto, T. Fukuda, T. Terashima, A. H. Nevidomskyy, and Y. Matsuda,
Nature 486, 382-385 (Jun. 2012).
DOI: 10.1038/nature11178

"Rotational Symmetry Breaking in the Hidden-Order Phase of URu2Si2"
R. Okazaki, T. Shibauchi, H. J. Shi, Y. Haga, T. D. Matsuda, E. Yamamoto, Y. Onuki, H. Ikeda, and Y. Matsuda,
Science 331, 439-442 (Jan. 2011).
DOI: 10.1126/science.1197358

"Extremely strong-coupling superconductivity in artificial two-dimensional Kondo lattices"
Y. Mizukami, H. Shishido, T. Shibauchi, M. Shimozawa, S. Yasumoto, D. Watanabe, M. Yamashita, H. Ikeda, T. Terashima, H. Kontani, and Y. Matsuda,
Nature Physics 7, 849-853 (Oct. 2011).
DOI: 10.1038/nphys2112

"Highly Mobile Gapless Excitations in a Two-Dimensional Candidate Quantum Spin Liquid"
M. Yamashita, N. Nakata, Y. Senshu, M. Nagata, H. M. Yamamoto, R. Kato, T. Shibauchi, and Y. Matsuda,
Science 328, 1246-1248 (Jun. 2010).
DOI: 10.1126/science.1188200

"Evolution from Non-Fermi- to Fermi-Liquid Transport via Isovalent Doping in BaFe2(As1-xPx)2 Superconductors"
S. Kasahara, T. Shibauchi, K. Hashimoto, K. Ikada, S. Tonegawa, H. Ikeda, H. Takeya, K. Hirata, T. Terashima, and Y. Matsuda,
Physical Review B 81, 184519-1-5 (Mar. 2010).
DOI: 10.1103/PhysRevB.81.184519

"Tuning the Dimensionality of the Heavy Fermion Compound CeIn3"
H. Shishido, T. Shibauchi, K. Yasu, T. Kato, H. Kontani, T. Terashima, and Y. Matsuda,
Science 327, 980-983 (Feb. 2010).
DOI: 10.1126/science.1183376