メンバー

メンバープロフィール

矢野 力三 (Rikizo Yano)

矢野 力三 (Rikizo Yano)

産業技術総合研究所 特別研究員

受入研究者 :
B01 柏谷 聡
在任期間 :
2016年10月01日 ~ (計画研究 PD)

E-mail : yano-rikizo[at]aist.go.jp

本領域での研究

 私はこれまで物質の持つ対称性を考慮した新奇物質開拓を、単結晶試料を用いて行ってきました。物質科学の進展は研究の舞台となる新物質の開拓によって研究が急速に進むという側面があり、特にこのトポロジカル物質研究ではその傾向が強く、理論研究による提案と並行して研究が進められています。

 その一方で、物質単独ではなかなか発現しない特性も、物質を組み合わせることによって、例えば超伝導の近接効果(トンネル効果)などによって、新たに発現する特性や電子機能もあります。特にトポロジカル電子系ではこの近接効果によって、素粒子の分野で理論的発展をとげたものの未発見となっているマヨラナ粒子(自分自身が反粒子である粒子)やエニオン(複数回の交換でようやくもとに戻る粒子)など、これまで机上の空論となっていた多くの粒子を現実に実測できる可能性が指摘されています。私はこれまで培ってきた物質開拓の知見を活かしつつ、現在所属のグループがもつ微細加工技術と対称性を考慮したトンネル効果観測などをあわせることで、上述の様な新粒子やそれによって引き起こされる新奇現象の観測を目指していきます。そのような粒子は基礎物理の発展だけではなく、新たな量子コンピュータへの応用も期待されているため、そのような発展に貢献できるよう努力していきたいと思います。

略歴

2011年
慶應義塾大学 理工学部物理情報工学科 卒業
2013年
東京工業大学大学院 総合理工学研究科 物質科学創造専攻 前期博士課程 修了
2016年
同大学院後期博士課程修了 博士(理学)
2015年
-2016年 日本学術振興会特別研究員(DC2)
2016年
産業技術総合研究所 特別研究員、現在に至る