メンバー

メンバープロフィール

好田 誠 (Makoto Kohda)

好田 誠 (Makoto Kohda)

東北大学(大学院工学研究科)准教授

専門分野
スピントロニクス
領域での
研究テーマ
半導体におけるスピン軌道相互作用
領域での役割
C01班分担者

E-mail : makoto[at]material.tohoku.ac.jp

これまでの研究

 III-V族半導体量子構造におけるスピン軌道相互作用を用いた電気的スピン生成・制御・検出に関して研究を行ってきました。スピン軌道相互作用は電子スピンに対し有効磁場やスピン依存力として作用するため、外部磁場や磁性体を用いなくてもスピンを操作できる利点があります。

本領域での研究

 半導体メゾスコピック系におけるスピン軌道相互作用を利用した新規スピン現象の開拓を行います。リング構造や量子ポイントコンタクトなど微細加工を駆使することで、スピン制御機能を向上させることで幾何学的な位相や高効率スピン生成を用いたスピン制御・検出デバイスなど、新たな自由度を有するスピントロニクスデバイスの実現を目指します。

略歴

2001年
東北大学工学部 電子工学科 卒業
2002年
東北大学大学院工学研究科 電子工学専攻 博士課程前期修了
2003年
-2005年 日本学術振興会特別研究員
2005年
東北大学大学院工学研究科 電子工学専攻 博士課程後期修了 博士(工学)
2005年
-2007年 東北大学大学院工学研究科 知能デバイス材料学専攻 助手
2007年
-2010年 東北大学大学院工学研究科 知能デバイス材料学専攻 助教
2008年
科学技術振興機構さきがけ研究者(兼任)
2010年
東北大学大学院工学研究科 知能デバイス材料学専攻 准教授、現在に至る

主な受賞

2002
応用物理学会講演奨励賞
2006
第12回青葉工学振興会研究奨励賞
2010
第20回トーキン科学技術振興財団 研究奨励賞

代表論文

"Drift transport of helical spin coherence with tailored spin-orbit interactions"
Y. Kunihashi, H. Sanada, H. Gotoh, K. Onomitsu, M. Kohda, J. Nitta, and T. Sogawa.
Nature Communications 7, 10722-1-6 (Mar. 2016).
DOI: 10.1038/ncomms10722

"All-optical evaluation of spin-orbit interaction based on diffusive spin motion in a two dimensional electron gas"
M. Kohda, P. Altmann, D. Schuh, S. D. Ganichev, W. Wegscheider, and G. Salis.
Applied Physics Letters 107, 172402-1-5 (Oct. 2015).
DOI: 10.1063/1.4934671

"Direct determination of spin-orbit interaction coefficients and realization of the persistent spin helix symmetry"
A. Sasaki, S. Nonaka, Y. Kunihashi, M. Kohda, T. Bauernfeind, T. Dollinger, K. Richter, and J. Nitta
Nature Nanotechnology 13 703-1-7, (Jul. 2014) .
DOI: 10.1038/NNANO.2014.128

"Spin orbit induced electronic spin separation in semiconductor nanostructures"
M. Kohda, S. Nakamura, Y. Nishihara, K. Kobayashi, T. Ono, J. Ohe, Y. Tokura, T. Mineno, and J. Nitta.
Nature Communications 3 1082-1-8, (Sep. 2012).
DOI: 10.1038/ncomms2080

"Gate-controlled persistent spin helix state in (In,Ga)As quantum wells"
M. Kohda, V. Lechner, Y. Kunihashi, T. Dollinger, P. Olbrich, C. Schönhuber, I. Caspers, V. V. Bel’kov, L. E. Golub, D. Weiss, K. Richter, J. Nitta, and S. D. Ganichev.
Physical Review B Rapid Communication 86, 081306(R)-1-5 (Aug. 2012) .
DOI: 10.1103/PhysRevB.86.081306

"Enhancement of spin orbit interaction and the effect of interface diffusion in InGaAsP/InGaAs heterostructures"
M. Kohda and J. Nitta,
Physical Review B 81, 115118-1-8 (mar. 2010).
DOI: 10.1103/PhysRevB.81.115118

"A spin Esaki diode”,
M. Kohda, Y. Ohno, K. Takamura, F. Matsukura, and H. Ohno.
Japanese Journal of Applied Physics 40 (Express Letter), L1274-L1276 (Oct. 2001).
DOI: 10.1143/JJAP.40.L1274