メンバー

メンバープロフィール

村木 康二 (Koji Muraki)

村木 康二 (Koji Muraki)

NTT物性科学基礎研究所 グループリーダ

専門分野
半導体ヘテロ構造の物理
領域での
研究テーマ
量子ホール効果、2次元トポロジカル絶縁体
領域での役割
C01班分担者

E-mail : muraki.koji[at]lab.ntt.co.jp

これまでの研究

 私が所属するNTT 物性科学基礎研究所の量子固体物性研究グループでは、半導体ヘテロ構造における2次元電子系や、それらをベースとした量子ドットなどのナノ構造における量子伝導の研究を行っています。

本領域での研究

 この新学術領域では、私は計画研究C01の研究分担者として、主に高易動度GaAs/AlGaAs 2次元電子系の分数量子ホール系とInAs/GaSb 量子スピンホール系を舞台とした「トポロジカル物質ナノ構造の輸送現象」の研究を担当しています。

略歴

1989
東京大学工学部(物理工学科)卒業
1994
東京大学大学院工学系研究科(物理工学専攻)博士課程修了
2001年-2002年
ドイツ・マックスプランク固体物性研究所 客員研究員
1994年
NTT基礎研究所、現在に至る

代表論文

"Engineering quantum spin Hall insulators by strained-layer heterostructures"
T. Akiho, F. Couedo, H. Irie, K. Suzuki, K. Onomitsu, and K. Muraki
Applied Physics Letters 109, 192105 (November 2016).
DOI: http://dx.doi.org/10.1063/1.4967471

"NMR profiling of quantum electron solids in high magnetic fields"
L. Tiemann, T. D. Rhone, N. Shibata, and K. Muraki
Nature Physics 10, 648–652 (July 2014).
DOI: 10.1038/nphys3031

"Edge channel transport in the InAs/GaSb topological insulating phase"
Kyoichi Suzuki, Yuichi Harada, Koji Onomitsu, and Koji Muraki
Physical Review B 87, 235311 (June 2013).
DOI: 10.1103/PhysRevB.87.235311

"ν = 5/2 fractional quantum Hall state in low-mobility electron systems: Different roles of disorder"
Gerardo Gamez and Koji Muraki
Phys. Rev. B 88, 075308 (August 2013).
DOI: 10.1103/PhysRevB.88.075308

"Unraveling the Spin Polarization of the ν = 5/2 Fractional Quantum Hall State"
L. Tiemann, G. Gamez, N. Kumada, and K. Muraki
Science 335, 828-831 (Feb. 2012).
DOI: 10.1126/science.1216697

"Spin-Dependent Phase Diagram of the νT=1 Bilayer Electron System"
P. Giudici, K. Muraki, N. Kumada, Y. Hirayama, and T. Fujisawa
Physical Review Letters 100, 106803 (March 2008).
DOI: 10.1103/PhysRevLett.100.106803

"Charge Excitations in Easy-Axis and Easy-Plane Quantum Hall Ferromagnets"
Koji Muraki, Tadashi Saku, and Yoshiro Hirayama
Physical Review Letters 87, 196801 (October 2001).
DOI: 10.1103/PhysRevLett.87.196801