メンバー

メンバープロフィール

柳瀬 陽一 (Youichi Yanase)

柳瀬 陽一 (Youichi Yanase)

京都大学 (理学研究科) 准教授

領域での
研究テーマ
強相関電子系における非従来型トポロジカル超伝導理論
領域での役割
D02班公募研究代表者

E-mail : yanase[at]scphys.kyoto-u.ac.jp

これまでの研究

 強相関電子系におけるエキゾチック超伝導を主たるテーマとし、多極子秩序、アンダーソン局在と超伝導絶縁体転移、冷却原子気体などを含めた研究を行ってきました。最近はスピン軌道相互作用と電子相関が引き起こす新奇量子現象の探索が研究の中心です。例として、スピン軌道相互作用による奇パリティ超伝導のメカニズムを解明し、トポロジカル超伝導体のデザインを行いました。また、パリティを自発的に破る奇パリティ多極子秩序を提案しました。

本領域での研究

 本領域での研究は、強相関電子系に特有の非従来型クーパー対に起因する多彩なトポロジカル超伝導を明らかにすることを目的とします。強相関電子系において発展した様々な超伝導理論とトポロジカル相の分類学を融合させ、強相関トポロジカル超伝導理論を開拓したいと思います。また、非共型な結晶構造に特有のトポロジカル相を同定することも重要な課題です。

略歴

1992年
鹿児島県私立ラ・サール高等学校卒業
1996年
京都大学理学部(物理学)卒業
2000年
東京大学理学系研究科物理学専攻 助手、2007年より助教
2001年
論文博士(理学)取得(京都大学)
2006年
-2007年 スイス連邦工科大学理論物理学研究所 客員研究員
(Manfred Sigrist 教授とパリティがない超伝導に関する共同研究を行った。)
2009年
新潟大学理学部 物理学科 准教授
2015年
京都大学 理学研究科 准教授、現在に至る

主な受賞

2011年
日本物理学会若手奨励賞(領域8)
2013年
重い電子系研究奨励賞

代表論文

"Superconductivity in magnetic multipole states"
Shuntaro Sumita and Youichi Yanase
Physical Review B 93, 224507-1-12 (Jun. 2016).
DOI: 10.1103/PhysRevB.93.224507

"Odd-parity superconductivity by competing spin-orbit coupling and orbital effect in artificial heterostructures"
T. Watanabe, T. Yoshida and Y. Yanase
Physical Review B 92, 174502-1-14 (Nov. 2015).
DOI: 10.1103/PhysRevB.92.174502

"Topological Crystalline Superconductivity in Locally Non-centrosymmetric Multilayer Superconductors"
T. Yoshida, M. Sigrist and Y. Yanase
Physical Review Letters 115, 027001-1-5 (Jul. 2015).
DOI: 10.1103/PhysRevLett.115.027001

"Chiral superconductivity in nematic states"
S. Takamatsu and Y. Yanase
Physical Review B 91, 054504-1-11 (Feb. 2015).
DOI: 10.1103/PhysRevB.91.054504

"Magneto-Electric Effect in Three-dimensional Coupled Zigzag Chains"
Y. Yanase
Journal of the Physical Society of Japan 83, 014703-1-8 (Dec. 2014).
DOI: 10.7566/JPSJ.83.014703

"Multi-orbital Superconductivity in SrTiO3/LaAlO3 interface and SrTiO3 surface"
Y. Nakamura and Y. Yanase
Journal of the Physical Society of Japan 82, 083705-1-5 (Jul. 2013).
DOI: 10.7566/JPSJ.82.083705

"Complex-stripe phases induced by staggered Rashba spin-orbit coupling"
T. Yoshida, M. Sigrist, and Y. Yanase (Papers of Editor’s Choice)
Journal of the Physical Society of Japan 82, 074714-1-6 (Jun. 2013).
DOI: 10.7566/JPSJ.82.074714

"Spin-triplet pairing state of Sr2RuO4 in the c-axis magnetic field"
S. Takamatsu and Y. Yanase
Journal of the Physical Society of Japan 82, 063706-1-5 (May. 2013).
DOI: 10.7566/JPSJ.82.063706

"Locally Non-centrosymmetric Superconductivity in Multi-layer Systems"
D. Maruyama, M. Sigrist, and Y. Yanase
Journal of the Physical Society of Japan 81, 034702-1-11 (Feb. 2012).
DOI: 10.1143/JPSJ.81.034702

"Antiferromagnetic Order and π-Triplet Pairing in the Fulde-Ferrell-Larkin-Ovchinnikov State"
Y. Yanase and M. Sigrist
Journal of the Physical Society of Japan 78, 114715-1-6 (Nov. 2009).(Papers of Editor’s Choice)
DOI: 10.1143/JPSJ.78.114715

"Localization and Superconductivity in Doped Semiconductors"
Y. Yanase and N. Yorozu
Journal of the Physical Society of Japan 78, 034715-1-10 (Mar. 2009).
DOI: 10.1143/JPSJ.78.034715

"Non-centrosymmetric Superconductivity and Antiferromagnetic Order: Microscopic discussion of CePt3Si"
Y. Yanase and M. Sigrist
Journal of the Physical Society of Japan 76, 043712-1-4 (Apr. 2007).
DOI: 10.1143/JPSJ.76.043712

"Microscopic Identification of the D-vector in Triplet Superconductor Sr2RuO4"
Y. Yanase and M. Ogata
Journal of the Physical Society of Japan 72, 673-687 (Aug. 2003).
DOI: 10.1143/JPSJ.72.673

"Theory of Superconductivity in Strongly Correlated Electron Systems"
Y. Yanase, T. Jujo, T. Nomura, H. Ikeda, T. Hotta and K. Yamada
Physics Reports 387, 1-149 (Nov. 2003).
DOI: 10.1016/j.physrep.2003.07.002