メンバー

メンバープロフィール

山内 邦彦 (Kunihiko Yamauchi)

山内 邦彦 (Kunihiko Yamauchi)

大阪大学 (産業科学研究所) 助教

領域での
研究テーマ
第一原理計算を用いた新奇トポロジカル物質の探索
領域での役割
D03班公募研究代表者

E-mail : kunihiko[at]sanken.osaka-u.ac.jp

これまでの研究

 遷移金属酸化物を中心としたマルチフェロイック物質の磁性・強誘電性についての研究を主なテーマとしつつ、様々な物質のスピン転移・ラシュバ効果・熱電効果・分子結晶の構造安定性などについて理論研究を行ってきました。

本領域での研究

 第一原理計算を用いた理論研究を行い、実験で測定されたトポロジカル物性を計算機シミュレーションで再現します。電子状態を解析することにより、トポロジカル物性の微視的機構を明らかにすることで実験研究を支援します。実験班との連携が進めば、「進化的アルゴリズム」を用いた高効率な理論先行型のトポロジカル新物質探索を行うことを予定しています。

略歴

2000年
姫路工業大学 理学部 物質科学科 卒業
2002年
大阪大学 理学研究科 物理学 修士期課程修了
2005年
大阪大学 理学研究科 物理学 博士課程修了
2005年
-2006年 大阪大学 産業科学研究所 研究員
2006年
-2008年 イタリア国立研究所 博士研究員
2008年
-2010年 イタリア国立研究所 任期付助教
2010年
大阪大学 産業科学研究所 助教、現在に至る

代表論文

"Coupling Ferroelectricity with Spin-Valley Physics in Oxide-Based Heterostructures"
Kunihiko Yamauchi, Paolo Barone, Tatsuya Shishidou, Tamio Oguchi, and Silvia Picozzi
Physical Review Letters 115, 037602-1-5 (Jul. 2015). [Editor’s Suggestion]
DOI: 10.1103/PhysRevLett.115.037602

"Electronic ferroelectricity induced by charge and orbital orderings"
Kunihiko Yamauchi and Paolo Barone
Journal of Physics: Condensed Matter, 26, 103201-1-17 (Feb. 2014). [Topical Review]
DOI: 10.1088/0953-8984/26/10/103201

"Theoretical Prediction of Multiferroicity in SmBaMn2O6"
Kunihiko Yamauchi
Journal of the Physical Society of Japan 82, 043702-1-4 (Mar. 2013). [Letter]
DOI: 10.7566/JPSJ.82.043702

"Highly sensitive spin-crossover transition in a metal-organic molecular crystal"
Kunihiko Yamauchi, Ikutaro Hamada, and Tamio Oguchi
Physical Review B 88, 035110-1-4 (JUl. 2013).
DOI: 10.1103/PhysRevB.88.035110

"Theoretical investigation of magnetoelectric effects in Ba2CoGe2O7"
Kunihiko Yamauchi, Paolo Barone, and Silvia Picozzi
Physical Review B 84, 165137-1-6 (OCt. 2011).
DOI: 10.1103/PhysRevB.84.165137

"Interplay between charge-order, ferroelectricity and ferroelasticity: tungsten bronze structures as a playground for multiferroicity"
Kunihiko Yamauchi and Silvia Picozzi
Physical Review Letters 105, 107202-1-4 (Sep. 2010).
DOI: 10.1103/PhysRevLett.105.107202

"Ferroelectricity in multiferroic magnetite Fe3O4 driven by noncentrosymmetric Fe2+/Fe3+ charge-ordering: First-principles study"
Kunihiko Yamauchi, Tetsuya Fukushima, and Silvia Picozzi
Physical Review B 79, 212404-1-4 (Jun. 2009).
DOI: 10.1103/PhysRevB.79.212404

"Magnetically induced ferroelectricity in orthorhombic manganites: Microscopic origin and chemical trends"
Kunihiko Yamauchi, Frank Freimuth, Stefan Blügel, and Silvia Picozzi
Physical Review B 78, 014403-1-10 (Jul. 2008). (52 cited)
DOI: 10.1103/PhysRevB.78.014403

"Bandstructure and Fermi Surfaces of CeRh3B2"
Kunihiko Yamauchi, Akira Yanase, Hisatomo Harima
Journal of the Physical Society of Japan 79, 044717-1-8 (Apr. 2010).
DOI: 10.1143/JPSJ.79.044717

"Charge and Spin States of Transition-Metal Atoms in a Hemoprotein Based on the Extended Haldane-Anderson Model"
Kunihiko Yamauchi, Hideaki Maebashi, Hiroshi Katayama-Yoshida
Journal of the Physical Society of Japan 72, 2029-1-4 (Apr. 2003).
DOI: 10.1143/JPSJ.72.2029